本文へスキップ

佐賀市大財3丁目/整形外科/リウマチ科/リハビリテーション科

お問い合わせは☎ 0952-22-3103

〒840‐0811  佐賀県佐賀市大財3丁目5‐18

治療方針policy

治療方針


Policy - 1

当院の創傷治療の特徴は許される創は入浴も許可し、入浴後の処置を説明します。
手指・足指の骨折も固定材料を装着したまま入浴を許可し、固定の方法を説明、基本的には週1回から2回の来院で済むよう指導します。

Policy - 2

湿潤療法のメリットは認めますが、あくまで清潔な湿潤療法を心がけます。
他の治療方法の否定はしません。先人たちのいろいろな治療法を組み合わせて創治癒を計ります。

Policy - 3

骨折もあくまで基本的には保存治療です。超音波治療器を利用し、なるべく患者さんに負担のない治療を工夫します。
しかし、手術の必要な例は的確に判断し、当院で手術するか、他院に紹介するか判断します。

Policy - 4

患者さんが安全に治療できるように配慮します。
糖尿病、高血圧等、様々な合併症をお持ちの高齢者の骨折を減らす努力をします。

Policy - 5

体幹DEXAを用いて骨粗鬆症の定期的な評価、治療を行い、高齢者の骨折を減らす努力をします。

診療科目

   整形外科、リウマチ科、リハビリテーション科

病床数

   一般病床11床(9室)

FAQ よくあるお問い合わせ

転倒して動けない時はどうしたらいいでしょうか?

こ高齢者が、転倒して起き上がれなくなったときの、最も多い原因は骨折、特に大腿骨の骨折とされています。
骨折が疑わしいときは、骨折したものとして手当をします。

こんな症状があったら、骨折を疑いましょう。
 ・強い痛みがある
 ・はれ、変形がある
 ・動かすとさらに痛い
 ・骨が飛び出している

出血性ショックに注意!
骨折すると体内で出血が起こって「ショック」状態になることがあり、命が危険にさらされます。特に大腿骨骨折は要注意。速やかに救急車を呼んでください、状態を注意深く観察。
 ・顔色が真っ青(顔面蒼白)
 ・冷や汗をかく(冷汗)
 ・ぐったり、ぼんやりしている(虚脱)
 ・脈が速く弱くなる(微弱な速脈)
 ・呼吸が速くなる(呼吸速迫)など

まずは  ・・・ どんな状態か聞く
次に   ・・・ 大腿骨骨折と判断、すぐに救急車を呼ぶ
それから ・・・ 救急車が来るまで、状態を注意深く観察

急に倒れたときのために、心肺蘇生(普段通りの呼吸がなかったら胸骨圧迫→ 人工呼吸→AED〈自動体外式除細動器〉の実施など一連の手順による生命を維持する方法)を覚えておくとよいでしょう。


入院時に何を準備したらいいでしょう?

入院当日にご用意いただくもの
健康保険証
入院申込書・身元保証書

(医療費助成証、限度額認定証などは該当する方のみ)
入院申込書は入院後出来るだけ早く看護師にお渡しください。
保証人の方については、一人は別の世帯の方をお願いします。

入院時にお持ちいただくもの
・洗面用具(タオル、歯ブラシ、石鹸、シャンプー)
・食事用具(湯のみ、箸)
・日用品(スリッパ、ティシュペーパー)




医療法人 佐藤整形外科    

☎ 0952-22-3103
〒840‐0811 佐賀市大財3丁目5‐18
 診療時間              
午前 09:00~13:00
(受付は12:00まで)
 ○ ○  ○  ○  ○  ○  休 
午後 14:30~18:00
(受付は18:00まで)
 ○  ○  ○  ○
休診日
  日曜、祝日、木曜(午後)、土曜(午後)
面会時間
  9:00~20:00  正面玄関右側面のドアが入口です。
注)午後の診療開始時間は 14:30 となっていますが、午前の診療が延長した時は診療開始
  時間が変更されますので、受付に尋ねられるか、電話で御確認頂ければ幸いです。

photo gallery